支援の仕組み the Pipeが行う支援の仕組みを説明しています。

> 支援の仕組み

大きな団体には出来ない100%支援

 D.ZEN JAPANは、The Pipeを通して頂いた支援金を100%OKバジさんの所に届けます。
 震災でおわかりになったと思いますが、大きなボランティア団体では、寄付金が全額届くことはありません。震災の場合ように大きな額が動けば、当然現地に届く割合は大きくなりますが、ネパールの村々に届けるような寄付金の場合、50%が現地に届いたらそれは良い方なのです。でも、私たちは手弁当で100%届けることにこだわりたいと思います。

 ネパールへの送金などの手数料はD.ZEN JAPANが持ちます。それが私たちの支援でもあります。ただ、銀行振り込みの手数料は複雑になりすぎて持つことができません。ゆうちょ銀行をお使いくださると、通帳をお持ちの方は無料になりますので、そうしていただければ幸いです。ゆうちょ銀行は、手続きさえすれば、パソコンや携帯電話で送金ができますので、もしよろしかったらこれを機会にお手続きをされるのはいかがでしょうか。ここで誰にもわかりやすく動画で説明してくれています。

インターネットサービスご利用ガイド|ゆうちょダイレクト

 寄付が多くなったら手数料の負担が大変になるだろうと心配して下さる方もいますが、それくらい皆さんが寄付してくれたなら本望です。どうぞよろしくお願いします。

イメージ図

OKバジさんは自分の持ち物でさえ

バジの家

 バジさんは100%地元のために使ってくれます。月に2,3日しか泊まらないというご自宅へ伺わせていただきましたが、支援の物資以外にはほとんど家具さえありませんでした。穴の空いたTシャツを着ていらしたので新しいTシャツを差し上げたら、結局新しいTシャツは村人が着ていたというような方なのです。
 「私はいらないんですよ。」と、飄々と話される姿には、昔の禅宗のお坊さんを思い起こさせるものさえあります。

現地の要請が届くまで

 各村からの支援要請をOKバジさんがタンセンにお見えになったときに地元のYouthClubのコンピューター担当に連絡します。コンピューター担当は、バジさんがボイスレコーダーで録音した録音ファイルを、インターネットを通して日本に送る予定でしたが、技術養成の必要があり、ここがなかなかうまくいきません。技術者養成の段階です。
 従って手紙が今のところの通信手段で、めったに電話やコンピューターのあるところにこられないバジさんとの連絡が課題となっています。
 しかし、届いた支援要請は、支援者の皆さんに閲覧していただき、支援を検討して頂いています。
 支援報告がうまく流れていませんが、バジさんのお手紙が届いた時にアップさせていただきますので、よろしくお願いします。

支援金が支援物資となって届くまで

 支援要請情報を閲覧して支援に同意してくださった方が、銀行振り込みで支援をしてくださると、その支援金がD.ZEN JAPANに集まり、D.ZEN JAPANはその支援金全額分をネパールのOKバジさんに送ります。
 OKバジさんはそのお金で地元の商店や業者を通じて必要な物品や資材を買い、現地に届けてくださいます。基金のようにお金を渡す場合には、必ず村の長老会や青年会、婦人会のメンバーがたくさんいるところで現金を渡します。

 OKバジさんとD.ZEN JAPANはパイプ役に徹します。頂いた支援金は100%現地に届きます。

報告が届くまで

 支援物資が届いた村にバジさんが行かれたときに写真や報告の録音ファイルを地元のYouthClubのコンピューター担当に渡す予定でしたが、技術者の養成の段階になってしまいました。現在はバジさんのお手紙を待って、このサイトThe Pipe 掲載されています。
 報告される内容に対する支援を下さった方には、メールにて、サイトに報告が掲載された旨が通知されます。ここまでにずいぶんの時間がかかってしまうかもしれませんが、お許し下さい。まだ、バジさんの手足となって動いてくれる人達が足りないのです。

現在のカゴの中

合計数量:0

金額:0円

カゴの中を見る

ネパールに興味がある方、支援にご協力下さる方、何かご不明な点のある方、お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせはこちら